チャンピックスで禁煙できるメカニズム


チャンピックスで禁煙できるメカニズム


それでは、そんなチャンピックスは、どういった仕組みで禁煙を促してくれるのでしょうか?


何気ない気持ちでタバコを吸い始め、「気が付けば中毒のようにタバコが手放せない存在となってしまった…」という方も多くいらっしゃるのではないかと思います。


タバコを吸うと快楽物質ドーパミンが発生

なぜそのようなことになってしまうのかと言うと、タバコを吸うと、脳のニコチン受容体にニコチンが繋がり、ドーパミンが生じます。ドーパミンとは快感を生み出す物質のため、脳は一度覚えたその快感を追い求めるようになり、繰り返しタバコを吸うことで、さらなる悪循環を生み、中毒を引き起こしやすくなってしまうんですね。


チャンピックスによりドーパミンの発生を抑制

しかし、チャンピックスを服用すれば、脳のニコチン受容体に、有効物質がニコチンに取って代わって結合し、ニコチン離脱の症状(イライラ・そわそわしたり、頭痛を感じたり、だるい、不眠、するべきことに集中できないなど)を軽減させる働きをしてくれるのです。ですから、「タバコを吸って落ち着こう」「タバコを吸って集中しよう」という気持ちが起こりにくくなるんですね。


また、仮にチャンピックス服用中にタバコを吸ってしまった場合でも、ニコチンがニコチン受容体に繋がるのを阻止するため、ドーパミンが放出されず、タバコをおいしいと感じづらくなり、禁煙効果が持続します。「おいしくないので吸わないで済む」という、実にシンプルな経過を辿って禁煙を促してくれるのです。


自然と脳がタバコを欲しなくなる

無理して我慢するのではなく、「吸いたい」という気持ちを起こさないようにしてくれるというものですから、自分の意志だけに頼って禁煙を目指し、挫折を繰り返していた方などにとっては、チャンピックスは救世主のような存在とも言えるかもしれません。