【禁煙したい】人必見!必ずタバコをやめる禁煙方法


【禁煙したい】人必見!必ずタバコをやめる禁煙方法

突然ですが、みなさんは一日に何本、何箱分のタバコを吸っていますか?
一日数本程度で済む方もいらっしゃれば、一日一箱が普通という方もいらっしゃいます。
そんな喫煙者の方の中で、禁煙をしたい!とお考えの方はいらっしゃいませんか?
しかし実際に禁煙をしようとすると、ニコチン不足でイライラしてしまい、結局禁煙ができない!という状態に陥ってしまいます。それは立派なニコチン依存症です。

ニコチン依存症を軽く見てはいけません!
ニコチンの依存性はコカインと同等と言われており、一度吸い出すと簡単には止められなくなってしまいます。そうして吸い続けている内に、肺の中身はタバコの灰だらけになり、肺がんを引き起こすリスクを急激に上昇させてしまいます。

タバコを吸い続けると、タバコの病にかかる可能性があります。
上記で挙げた肺がんもそうですが、血行障害や呼吸器障害、高血圧に歯周病、そして味覚障害や不妊症など・・・挙げだしたらきりがないほどにタバコ病と呼ばれる病気の数は多いです。

タバコからしっかり離れることで、上記の病気のリスクを軽減できるだけではなく、肌にハリツヤが出てくるようになり、毛穴が小さくなったり、肌が明るくなったりします。
この様な変化は、女性にとって大変嬉しいことと言えるのではないでしょうか?

また、禁煙に成功した方の中には以前よりも身体を動かすのが楽になった!という方がたくさんいます。
少し走っただけで息切れをしてしまうという方は、ただ単に運動不足な訳ではなく、タバコが原因というパターンも多いです。
タバコによって失われた肺活量が禁煙をすることで回復するので、運動をするのが楽しくなります。

禁煙を行うことで病気のリスクを軽減するだけではなく、さまざまなメリットを感じることができます。
メリットはわかっているけれどタバコがやめられない…という方は、この記事を読んで正しい禁煙方法を知りましょう!
正しい禁煙法を知り実践をすることで、タバコをキッパリとやめることができるハズです!
喫煙→禁煙→喫煙→禁煙と繰り返す喫煙スパイラルに苦しんでいる方も、是非ご参考にしてみてください。

禁煙外来

禁煙外来

禁煙外来とは?

自力で禁煙をしようとしても上手くいかず、再びタバコに手を伸ばしてしまった経験がある方も多いでしょう。
タバコをやめたいと思っているのにやめられないのは、喫煙者の意思の問題ではありません。
ニコチンが持つ依存性によりニコチン依存症になっていることが原因です。
ニコチン依存症は、1つの病気です。病気を治す為には病院に行かなければいけません。
そこで登場するのが「禁煙外来」です!

禁煙外来とは、真剣に禁煙をしたいと思う方の為の診療科です。
医学に基づいた禁煙法を禁煙のスペシャリストである医師から直接指導をしてもらうことができます。また、禁煙を上手く進められるように禁煙補助薬が処方され、タバコを吸えないことによる身体的・精神的負担をサポートしてくれます。

医師がサポートしてくれると言っても、1日に数十本〜数箱のタバコを吸う方などの場合、本当に禁煙ができるのだろうか?と不安に感じる方もたくさんいます。
平成21年に禁煙外来を展開している医療機関を対象に行われたニコチン依存症治療実態調査では、治療を最後までやり遂げた患者さんのおよそ78.5%が4週間の禁煙に成功しているという結果が出ました。
また、治療の途中で通院をやめてしまった患者さんの場合も43.8%が禁煙に成功していたそうです。
治療を最後までやり遂げた患者さんは、治療終了後9ヶ月が経過しても49.1%の方が禁煙を継続できていました。

禁煙外来に行って禁煙が成功するかどうかはニコチンへの依存度やタバコとの付き合い方によって左右されます。
しかし、禁煙外来に通うことによって禁煙に成功した方は確実にいます。
データを見てわかる通り、実際に禁煙の成功率もアップしているのです。

禁煙外来で禁煙治療をするには、自費診療をした場合3万円〜5万円程が必要になります。
保険を適用させた場合では、1万2千円〜1万8千円程です。
高い、と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、禁煙をせずに1日1箱のタバコを毎日吸い続けると1年で15万円〜17万円程のお金がかかります。
お金をかけて身体を蝕むか、お金をかけて身体を健康にするか、今一度考えてみてください。

禁煙外来で処方される薬「チャンピックス」を服用してタバコがやめれる理由

禁煙外来に行くと、“チャンピックス”という禁煙補助薬が処方されます。
チャンピックスとは、ニコチンが身体から抜けていくときに発生する離脱症状を抑える薬です。
禁煙時によくある、イライラや頭痛、喉の痛みや痰の増加などを軽減させてくれます。
また、タバコを吸ったときに感じる「美味しい」という満足感を感じにくくします。
その為、タバコに手が伸びる回数が減り、自然と禁煙ができるようになっていくのです。

人間がニコチンに依存してしまうのは、脳の中にある“ニコチン受容体”という部分とニコチンが結合することにより、快感物質であるドーパミンを放出することが原因です。
チャンピックスを服用することで、タバコを吸ったときに放出するドーパミンの量を抑えることができます。

今までの禁煙補助薬は少量のニコチンが含まれているものばかりでしたが、チャンピックスにはニコチン成分が含まれていません。
その為、薬を服用しているのに欲求を抑えきれずにタバコを吸ってしまったという場合にも、タバコと薬の二重でニコチンを摂取してしまうという心配がないのです。

禁煙が失敗してしまうのは、ニコチンの離脱症状によるイライラや体調不良などの不快感が原因とされています。
この不快感をなくすことができれば、禁煙成功にグッと近づくことができるのです。
禁煙中に感じる身体的不快感を軽減させるには、チャンピックスの服用が必要不可欠と言えます。

チャンピックスには、吐き気や便秘、不安感や気分の落ち込み、血管浮腫などの副作用があると言われています。
しかし、実際にチャンピックスを服用している患者さんは軽い吐き気がある程度で、他の副作用は感じたことがないという方がほとんどです。
吐き気を感じた場合も、吐き気止めを飲むことで抑えることができるようなので、副作用を過剰に心配しすぎないようにしましょう。

禁煙外来では、チャンピックスによる身体的禁煙サポートを行っていくと同時に、医師による精神的禁煙サポートが行われます。
この2つのサポートで、禁煙を成功させましょう!

禁煙外来で禁煙できた成功者達

禁煙外来 ~ 飲み薬だけの禁煙方法を体験してみました。

禁煙外来に行き、チャンピックスを服用することで禁煙に成功した50歳代の男性のブログです。
17歳の頃からタバコを吸い始め、1日に約20本(1箱)のタバコを吸い続けてきたブログ主さんは、健康被害を恐れ29歳のときに禁煙を決意しました。
しかし、自力の禁煙は上手くいかず、2ヶ月で終了。再びタバコを吸ってしまったのです。
禁煙を失敗した後は1mgのタバコに変更し、1日に吸う本数も10〜15本程度まで減らしましたが、それ以下に減らすことができず…
36歳で再び禁煙を試みましたが、6ヶ月程でまた喫煙者に戻ってしまいまいた。
44歳になり、禁煙外来に行くことを決めたブログ主さんの初診〜治療終了までが事細かく書いてあります。

禁煙外来の費用や副作用検証日記

禁煙外来に行き、チャンピックスを服用することで禁煙に成功した女性のブログです。
禁煙外来のことはもちろん、チャンピックスの効果や副作用、禁煙生活などが写真付きで読みやすく書かれています。
電子タバコの情報なども書かれているので、禁煙外来に行く以外の禁煙法を探している方にも大変おすすめです。

禁煙外来とチャンピックスと私

禁煙外来に行き、チャンピックスを服用することで禁煙に成功した男性のブログです。
禁煙をしたことによる体調や味覚の変化などが事細かく書かれています。
禁煙に成功し、非喫煙者となってからも数回ブログを更新されていて、禁煙に成功した方のその後を知ることができます。

禁煙外来で、すぐ禁煙・・・できるのか?

禁煙外来に行き、チャンピックスを服用することで禁煙に成功した男性のブログです。
禁煙したいと思っていない・禁煙をするつもりもない、というブログ主さんが、そのような自分でも禁煙ができるのか?ということを試していくブログです。
禁煙外来での治療終了後、試験的にタバコを吸っているブログが更新されていますが、タバコをやめる意思が全く無い人でも禁煙外来に通うことによって禁煙ができるということがわかります。
禁煙外来の効果に不安を感じている方は是非読んでみてください。

禁煙外来のまとめ

タバコがやめられないのは、ニコチン依存症という病気にかかっているからです。
今まで何をしてもタバコがやめられなかったという方は、自分に禁煙は無理なんだ…と諦めてしまわずに、禁煙外来に通ってみるようにしましょう!
禁煙外来は、ヘビースモーカーの方はもちろん、1日に吸うタバコの本数が数本程度の方でも受診することができます。
恐ろしい“タバコ病”を防ぐ為にも、今すぐ禁煙外来へ!



禁煙セラピー

禁煙セラピー

禁煙セラピーとは?

禁煙セラピーという本をご存知でしょうか?
禁煙セラピーとは、イギリスの禁煙活動家であるアレン・カーが著者の“禁煙をする方法”を教えてくれる本です。本を読むだけで禁煙ができる、と大変話題になりました。

禁煙セラピーを書いたアレン・カーは、18歳からタバコを吸い始め、後に会計士になった頃には1日に80本〜100本以上のタバコを吸うヘビースモーカーでした。
しかし彼は、ヘビースモーカーでありながらも常に“タバコをやめたい”という思いと戦っていたのです。
さまざまな禁煙方法を試しては失敗を繰り返し、「こんなに努力をしてもタバコをやめることができないのならば、自分は一生やめられる訳がない。」と泣き崩れてしまった日もありました。

そのような苦悩の日々を続けていたある日…1983年、7月15日のことです。
アレン・カーはついに“タバコに隠された罠”を見つけ、33年に渡る喫煙人生から抜け出すことができました。

人生最後のタバコをギュッともみ消した後…「世界中の喫煙者にタバコをやめさせよう!」という頑固たる意志を持ち、自宅の1室を利用して“禁煙セラピー”を開設しました。
最初のうちは家族や友人などに試験的なセラピーを行っていましたが、徐々に範囲を広げ、本格的な禁煙コンサルタント業を始めるに至ったのです。

それからというもの、27年間という歳月を経て世界41ヶ所の国と地域に150以上の禁煙クリニックを開院し、1年間のうちに約4万5千人の喫煙者を禁煙させるようになりました。
ヘビースモーカーだったアレン・カーは、禁煙活動家へと完全に生まれ変わったのです。

そんな彼の禁煙メソッドが書かれた本が禁煙セラピーです。
タバコをやめるには強い意思が必要、という風に言われることがありますが、彼の禁煙メソッドはそれを真っ向から否定しています。
ヘビースモーカーだった彼だからこそ見つけることができた、唯一無二の禁煙法なのです。

禁煙セラピーは35ヶ国後に翻訳をされ、1100万部の売り上げを誇るベストセラー本となりました。
アレン・カーが亡くなった現在でも、禁煙セラピーはタバコをやめたい喫煙者の味方となっています。

禁煙セラピーで禁煙できた成功者達

私はコレでやめました。

禁煙セラピーを読み、禁煙に成功した女性のHPです。
母親に「タバコをやめて、やめれないのなら本数を減らして」とお願いされてきた彼女は、「やめられないものはやめられない」と諦め、禁煙をしてきませんでした。
しかし、ある事がきっかけでタバコをやめざるおえなくなり、本心では禁煙をしたくなかったけれど、母親孝行として禁煙に挑戦することにしたのです。
彼女の禁煙セラピーを用いた禁煙法はとてもシンプルなものでした。
タバコを吸いたくなったら禁煙セラピーを読む、という生活を続け、自然に禁煙に成功したのです。
HPの中では、その期間の心境の変化やなぜ禁煙に成功したのか、禁煙セラピーの大まかな内容や感想が書かれています。

禁煙とダイエット

禁煙セラピーと禁煙補助薬を併用して禁煙に成功した女性のブログです。
1日に16本程のタバコを吸ってきた彼女ですが、タバコによる健康被害を恐れて禁煙を決意しました。
当初は禁煙補助薬を使用せずにタバコをやめようとしていましたが、ニコチンの離脱症状によりあえなく失敗…
1度失敗をしてからは、禁煙補助薬を使用しながら心が負けそうになったときには禁煙セラピーを読み、禁煙に対する意識を高めていきました。
禁煙開始〜禁煙成功、タバコをやめてからの日々がブログに綴られているので、禁煙者の心境の変化やタバコに対する気持ちの移り変わりを知ることができます。

ごんたのお気楽な毎日

禁煙セラピーを読み、禁煙に成功した男性のブログです。
1日に20本程のタバコを吸い続けていた彼ですが、禁煙セラピーを読んでいる途中から「タバコを吸いたい」という思いがなくなり、禁煙に成功しました。
禁煙セラピーはタバコを吸いながら本を読むことが推奨されています。
しかし彼は、禁煙セラピーを読むまで喫煙者だったにも関わらず、本の終盤に近づくにつれ“タバコをやめたくて仕方なくなっていた”そうです。
禁煙セラピーによる心境の変化の考察や、禁煙セラピーを使った禁煙と禁煙補助薬を使った禁煙の比較などがわかりやく書かれています。

受講できる禁煙セラピー

アレン・カーの残した禁煙セラピーは、本だけではありません。
彼の禁煙メソッドを受け継いだ受講スタイルの禁煙セラピーは、世界中の喫煙者を救うべく今もなお活動を続けています。
日本でも、東京や大阪など7ヶ所の地域で禁煙セラピーの受講が可能です。

「受講スタイルの禁煙セラピーではどのようなことが行われるのだろうか?」

禁煙をお考えの方ならば、誰しもが気になることでしょう。
ここでは、禁煙セラピーの内容をご説明致します。

禁煙セラピーの基本はグループセッションです。
アレン・カー公認のセラピストがセッション担当となり、進行をしていきます。
このセッションでは、一般的な禁煙指導ではなく、禁煙セラピーメソッドを用いた心理療法が行われます。
セッションの所要時間は約4時間程となりますので、40分〜50分に1回“タバコ休憩”が挟まります。
タバコ休憩の際には、思いのままにタバコを吸うことが可能です。

セッションの終盤では、禁煙セラピーの参加者全員で“最後の1本の儀式”が行われます。
ここで吸うタバコは、人生最後のタバコとなりますので、味わうように吸いましょう。
最後の1本の儀式が終わったら、所有していたタバコやライターをその場で捨てます。
グループセッションによる心理療法はここで終了です。

グループセッション後は、催眠療法を用いた潜在意識の修正が行われます。
「タバコは人生になくてはいけないもの」という思いを取り除き、タバコから離れた後の不安感を抑えます。
睡眠療法が終わったら、禁煙セラピーは終了です。

禁煙セラピーでは、1回の受講で完全にタバコをやめられるようになっていますが、万が一禁煙が上手くできなかった場合、保証期間内であれば何度でもセッションを受けることが可能です。
また、3回以上の受講でも確かな禁煙効果が得ることができなかったら、受講料が全額返金されます。
この保証は、禁煙成功率90%を誇る禁煙セラピーだからこそできる保証です。

禁煙セラピーを読んだだけでは禁煙ができなかったという方は、禁煙セラピーのメソッドをキチンと理解できていない場合が多いです。
そのような方は、受講スタイルの禁煙セラピーに足を運んでみてください。

禁煙セラピーまとめ

「一般的な禁煙指導はもうこりごり!」
「我慢しなければいけない禁煙は自分には向いていない!」
という方は、是非一度禁煙セラピーを読んでみてください。
1日に80本〜100本のタバコを吸い続けたアレン・カーの禁煙メソッドならば、禁煙が上手くできずに苦しんでいる方を優しく受け止め、禁煙へと導いいてくれます。
「絶対に禁煙をしなければいけない」と気張らず、気軽な気持ちで本を開いてみましょう。



有名人式禁煙方法のご紹介


和田アキ子流禁煙方法


参考文献:http://www.teichiku.co.jp/artist/wada/profile/
禁煙を成功した有名人は数多くいます。
大物芸能人としてさまざまなTV番組に出演している、和田アキ子さんもその1人です。
中学生の頃からタバコを吸い始めたという和田さんは、1日に約50本〜60本程のタバコを毎日吸い続けていました。
麻雀が好きな和田さんは、麻雀に没頭しすぎるあまりに1日に200本(1カートン)ものタバコを吸ってしまう日もあったそうです。
1日に200本という本数は、ヘビースモーカーの方でもなかなか出すことのできない数字です。
和田さんの吸っていたタバコは、1mgの軽いタバコだったそうですが、それでも身体に及ぼす害は測りしれません。
そのような生活を送っていた和田さんですが、本業の歌手活動の為に何度か禁煙にチャレンジしたことがありました。
しかし、和田さんのように意志の強い女性でもニコチン依存症の力には叶わず、何度も失敗を繰り返してきたそうです。
そんな和田さんの禁煙成功のきっかけは、あるTV番組でした。
番組の企画で人間ドッグにかかった和田さんは、中度のCOPDと診断されたのです。
COPDとは、喉と気管支に炎症ができ、呼吸機能を司る肺胞組織が破壊されていく病気です。
空咳や息苦しさなどの身体的症状があらわれます。
COPDになる人の多くは喫煙者で、タバコを吸わない人であれば発症することはほぼありません。
タバコを吸うことによって及ぼされるタバコ病なのです。
この結果により、和田さんの本格的な禁煙生活が始まりました。
しかし、ヘビースモーカーだった和田さんがタバコをやめるのはそう簡単なことではありません。
そこで、独自の禁煙法を編み出したのです。
和田さん独自の禁煙法とは、タバコが吸いたくなったときにはマネージャーにタバコを吸わせ、副流煙を顔に吹きかけてもらい、その煙を吸う、という方法です。
副流煙を吸っている為、身体への害はあまり変わりませんが、自分でタバコを吸うという習慣がなくなったおかげで、いつの間にか完全なる禁煙に成功しました。
少々力技な禁煙法ではありますが、自分でタバコを吸う習慣を無くすということはとても大事なことです。
禁煙法にお悩みの方は、お試しになられるのも良いかもしれません。

タモリ流禁煙方法

さまざまな番組の司会を勤める大物芸能人と言えば…そう、タモリさんです。
タモリさんも独自の禁煙方法を編み出し禁煙に成功した芸能人の1人として知られています。
タモリさんは元々、1日に60本ものタバコを吸うヘビースモーカーでした。
そんなタモリさんの禁煙方法は、いたってシンプルな方法です。
タバコを吸いたい!と思った瞬間に、15秒を数える、というだけです。
禁煙をする前、「タバコを吸いたいという欲は15秒しか続かない」という話を聞いたタモリさんは、吸いたい!と思った瞬間から15秒数え、自身の欲望を抑えるという方法で禁煙に成功しました。
「タバコを吸いたいという欲は15秒しか続かない」という話が本当か嘘かはわかりませんが、落ち着いて15秒を数える、という行為が「タバコを吸わなくても平気」という自己暗示へと繋がり、禁煙に成功したのだと考えられます。
こういった自己暗示は、禁煙の場面だけではなく緊張や動揺をしたときなどにも用いられるセルフコントロールの方法です。
タモリさんの場合は、1日に60本ものタバコを吸うヘビースモーカーだった為、この方法で禁煙を成功させるには、ニコチン依存症に打ち勝つような強い意志が必要だったはずです。
自己暗示をしていたとは言え、禁煙補助薬などを使用せずに禁煙を成功させることは、大変難しいです。
タモリさん流禁煙方法は、タバコをやめたい!という思いを強く持っている人こそ成功する禁煙方法と言えるでしょう。
禁煙をするにはさまざまな方法がありますが、どの方法も少なからずお金が必要になります。
しかし、このタモリさん流禁煙方法であれば、お金をかけずとも禁煙をすることが可能です。
「自分は必ず禁煙をする!」という揺るぎない意志があるのならば、タモリさん流禁煙方法を試してみるのも良いかもしれません。
禁煙が成功した暁には、タバコを欲しない身体と共に強靭な精神力を手に入れることができるはずです。

石田純一流禁煙方法

参考文献:http://www.ishidajunichi.com/profile/index.html
トレンディ俳優として一世を風靡した石田純一さんも独自の禁煙方法を編み出し、禁煙に成功した芸能人の1人です。
ヘビースモーカーだった石田さんは、食後に1本、コーヒーを飲んで1本、お酒を1杯飲んで1本…と、まるで息をするかのようにタバコを吸っていました。
そのような生活を続けていたら、次第にお肌に潤いがなくなり、パサパサとした質感へと変わってしまい、顔色もくすんできて、透明感がなくなってしまったのです。
健康面に誰よりも気を使ってきた石田さんは、「このままではいけない!」と、60代を目前に禁煙を決意しました。
石田さんの禁煙方法は、世界中のどこにもタバコは存在しない。どこにも売っていない。誰も持っていない。と思い込み、自己暗示をする方法です。
簡単な方法ではありますが、自分の呼びかけを真剣に信じ込まなければ成功しない方法なので、禁煙に対する頑固たる意志がなければ難しい方法と言えます。
そんな難しい方法を実践した石田さんは、見事禁煙に成功しました。
還暦目前の禁煙ということですので、喫煙歴が長い為、禁煙をするのは難しいのでは?と思われましたが、禁煙をするのに年齢はあまり関係がないようです。
このような結果を見ると、中高年の喫煙者も「この歳でも禁煙はできるんだ!」と自信が持てるようになりますね。
石田さんは、禁煙が成功してからというもの、お肌のツヤも良くなり、顔色も改善され、以前の状態に戻ったそうです。
また、喫煙中に感じていた声の枯れなどもなくなり、還暦を迎えた現在も60代とは思えないような若さを保っています。
石田さんが難しい禁煙方法で禁煙を成功させられたのは、自身の健康の為もあるかもしれませんが、妻である東尾理子さんと、2人の子供である理汰郎くんの存在があったからではないでしょうか。
大事な家族のことを考えれば、少々辛い禁煙方法でも禁煙に成功することができます。
「もうこの歳で禁煙なんてできないでしょ…」
と諦めている方は、石田さんを見習い禁煙を行ってみてください。
タバコをやめて、健康に過ごしましょう!

まとめ

芸能人の禁煙成功者の方々は、独自の禁煙方法を編み出している方がたくさんいます。
「そんな方法があったのか!」と関心してしまうものから、「これはできるかな…」と困惑してしまうものなど、方法はさまざまです。
芸能人の禁煙成功例を元に、禁煙を行ってみるのも1つの手です!
自分の好きな芸能人の禁煙方法はあるか、是非一度調べてみてください!
正しい禁煙方法の記事、いかがだったでしょうか?
こちらでご紹介している禁煙方法を実践することで、辛い喫煙スパイラルにはまってしまっている方も禁煙に成功することができるようになります!
タバコ病から自分を守るため、大事な家族や友人のためにも、是非禁煙を始めてみましょう!
この記事を読んだことから、あなたの禁煙は始まっています!
次は、実践に移すのみです!禁煙をして、健康な心身を手に入れましょう!